高野山撮影会へ行って来ました。

日曜日は通ってるPHat PHOTO写真教室で開催された高野山撮影会へ参加しました。

日曜日の割に混み混みの電車とケーブルカー、バスを乗り継いで約2時間の道のり。
おやつ食べつつ、クラスメイトとおしゃべりしつつ、オランダから旅行で来られた方に折り紙をプレゼントしつつ
テンションMAXで向かいました。

到着したらすぐお昼ご飯を食べて千手院橋のバス停前から撮影スタート。

見事な枝ぶりの木。  多分山桜ちゃうかな~? まだ蕾でした。


石像。 てか銅像?
きっと100年以上ここにあってずーーーーっとこの庭を眺めてはるんやろなと思う。
静かに、静かに、この庭に佇んでいる雰囲気を撮ってみました。


あの世ってこんな雰囲気かな~?
ソフトフォーカスは後から加工しました^^;


お化け屋敷風。 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
高野山では宿坊体験出来る所がたくさんありましたが、夜起きてこんな雰囲気やったら
絶対トイレ行かれへん~!!

一の橋を超えると石畳の道になって杉林。
樹齢1000年以上は経ってるようなデカイ杉の木がいっぱいでした。


参道は歴史上の有名人の供養塔がたくさん立ち並んでます。
武田信玄とか上杉謙信とか石田三成 その他色々たくさん有りましたのでマニアの方は是非。

苔むした感じが歴史を感じさせる。。。かな?

木の幹にハート型の痕。

もうちょっと可愛い雰囲気に撮りたかったな~。

一の橋から写真を撮りつつゆっくり目に歩いて一時間ちょっとで御廟橋に到着。
コレを超えると撮影禁止です。 帽子も脱いで通ります。
不思議な事に、この橋を超えた途端急に空が明るくなりました。
それまでの鬱蒼とした林が打って変わって急にパッと明るく、お寺の雰囲気になって
空気もピリリと変わります。 不思議すぎる~。

奥の院は人がいっぱいでしたが荘厳で厳かな空気。
私語禁止の看板が無くてもペラペラおしゃべりするのをはばかられる雰囲気でした。
信心深い方ではないのでササッと参拝して、後は休憩所でお茶をいただきました。

自分で茶釜からお茶や白湯を湯のみに注ぐのですが、コレも100年以上前から使用されてる
茶釜とかまどらしいです。 恐るべし高野山。
休憩所では説法会が開かれていて気軽に無料でお話が伺えます。
私も聞きたかったけど、残念ながら集合時間。
高野山は遠い!!

奥の院前のバス停からバスに乗って底からまた2時間掛けて帰って来ました。
近畿在住30余年で初めての高野山はとっても楽しかったです。
一緒に回ったクラスメイトが宿坊体験済みだったのでお話を聞くと、すっごく楽しくて精進料理もめちゃ美味しかったそうです。
市内が暑くなってきた頃に是非私も行ってみたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する