スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセル選び 2017年度①

週末はランドセル選びに色々行ってきました。
男の子なので、どーせそんな選択肢もないし~
とか思ってたけど、意外に色々迷いますね。

まずは土曜日
ランドセル工房 生田さんのランドセル体験会へ行ってきました。

靭公園すぐ横の大阪科学技術館で展示されたランドセルを背負って、靭公園内をお散歩できるイベントでした。
お天気も良くて、暑かったけど撮影日和!! 意気揚々と行ってきました。

10時から始まりましたが、一番最初って逆に混むんちゃうかな~と思ってちょっと遅目の10時30分位に到着しました。
最初に来た人が帰る直前くらいに着けたらいいかな~位で。

着いたら人は沢山いて賑わってはいましたが、フツーにランドセルを見るだけなら問題ない位。
ランドセル体験を賑やかに楽しめるって人数でした。

会場は会議室って感じの所で、コの字に並べた長机にズラーっとランドセルが並んでいました。
人はひっきりなしに出入してて、係の人もずーっと接客中でなかなか話しかけられず(^_^;)
会場内で背負って見るだけなら自由ですが、靭公園へ出るには受付用紙を記入しないと行けません。
この受付してもらえるまでがちょっとハードル高かったです。 なっかなか手の空いてる人がいないので
うろうろしつつ、係の人が手が空くのを待ってやっと受付してもらえて外にでて撮影開始!!

男の向けランドセルは「外出中」が少なくて、選択肢は多かったように思います。
女の子向けは外出待ちがちょくちょくあったんちゃうかな~

IMG_3706.jpg
ランドセルにはタグがついていて、商品名とか色とかがすぐ分かるようになってます。

直やんは前から黒がいい!! の一点張りでしたが、いざ会場で女の子向けの赤とか水色とか
.花柄のかわいいステッチのある華やかなランドセルを見ると、地味めな黒1色のシンプルな物はどうしても見劣りするようで
写真の様にちょっとパイピングが入ったものや、ステッチが目立つ色を選びました。

体験時間は15分とありましたが、そんなに厳密ではなく「公園内のどこかにくまちゃんがいるので探してきてね~」
とおおらかに対応して下さいます。 
所々に係の人もいてちょっとヒントを貰ったりしました。

IMG_3757.jpg
ランドセルを背負って歩く事自体初めてなので、私も直やんも大興奮!!
いろんなポースで写真を撮りました(^_^)/

くまちゃんが見つかったら、係の人も撮影して下さいます。
IMG_3764.jpg
スマホを渡して、私と一緒の所も快く撮ってくださいました。 

帰り道ものんびり撮影しつつ歩いてたらすぐこんな感じ。
IMG_3780.jpg
汗だく、バテバテ、ダルダル。
ま、暑かったしね~。

これから毎日、学校まで15分位歩くんやけど・・・・・大丈夫???
空っぽではないけど、教科書よりは軽いはずやで???
(水筒と財布を入れて歩きました)

今回体験したランドセルは「デルタ・ブルー」 A4フラットファイル対応の牛革製、1350g前後だそうです。
数値としては重めな部類かと思いますが持った感じ重さはそう感じず。
コードバンとも重さ的にはほとんど変わらなかったです。 
背負ってみた感じは、大きすぎず、小さすぎず。
つくりもしっかりしてて良かったと思います。

コバ塗りのランドセルは初めて見ましたが、高級感はあるけれど段差のところにホコリがつきそうやな~
とかちょっと心配。

あと、体験会では「ララちゃんランドセル」とのコラボ商品を見かけなかったような気がします。
外出中やったんかな~?
その辺りもゆっくりお聞きしたかったのですが、会場に戻ってランドセルを返却したら
隣の大阪科学技術館で遊びたい直やんがうるさくてうるさくて・・・(´Д`)
まったくお話できず、引っ張られるようにそちらへ移動しました。

体験は2個でも3個でも時間の許す限り出来そうでした。
我が家ももう少しゆっくり見たかったんですけどね・・・。

他には、革の色とステッチの色をカスタマイズで選べるのは魅力的ですが、出来上がりが見られないのはちょっと心配。
自分や子どもセンスは当てにならない・・・・かも(笑)
あと、持ち手付きのサンプルがなかったのでどんな持ち手が付くのかも分からなかったです。
この辺りはお店へ行けば解決するかな? 

子どもの持ち物なので、当然本人を連れて行くんですが、子供は大して興味もないし
喉乾いたとか、会場を走り回ったりうるさいだけで
結局ランドセルをじっくり検討することが出来ないのがもどかしいな~。

本人の感想もいい加減やし、一人またはパパと2人とかでゆっくりお店に行くのが一番しっかり検討出来るかも。

長くなったので②もあります。
ランドセル選び行脚はまだまだ続きます
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。